生活費の為にプロミスを利用しました

私は10年前に特定調停で当時280万円、合計6社にまで膨らんだ借金を全て完済した経験がありました。

 

それ以来、子供も生まれて家庭も築く事が出来た私は二度と借金を安易にしない事を心がけて生きてきましたが、5年前にそれまで行っていたインターネットの通信販売サイトの売れ行きが思わしくなくなった為、ライティング業務を副業として行うようになりました。

 

ライティング業務で何とかまとまったお金が稼ぎ出せるようになったのはここ2年ほどの事で、それまでは生活費も捻出出来ない状態が続きました。

 

その苦しい時代に私はかつて50万円の限度額までお金を借りていた消費者金融のプロミスから生活費として合計50万円を1年間の間に借りていったのです。

 

私が10年前に完済したプロミスは特定調停の際にもっとも早く弁護士との話がついて当時の借入額に対する金利の引き下げを行ってくれた経緯があった為に他社の消費者金融の金融業者よりも好感を抱いており、その好印象からふたたび2年前に生活費としてプロミスからお金を借りる事を思い立ったのです。

 

プロミスを利用して良かったと感じた事は、現在のプロミスは実店舗ではなくても無人店舗やインターネットで全ての借り入れ申し込みから借り入れのお金を振り込んでもらうまでの作業を完結出来た点でしたが、逆にプロミスで借りて少し不都合を感じたのが現在プロミスは実店舗がほとんど無くなっている為、ちょっと限度額の増枠をお願いしに実店舗に出向いて話し合いの末限度額を引き上げてもらう、といった手続きがしにくくなった点がデメリットと感じました。

 

現在は残金が20万円弱残っていますが、順調に毎月プロミスへの返済を行う事が出来ています。

 

他社から借り入れなし、パート・アルバイトで年収30万円以上ある方におすすめなのは

「大手のカードローン」

▽▼▽▼

関連ページ

税務署に追徴金を支払う為にプロミスでキャッシングしました
税務署へ追徴金を支払う為に消費者金融を利用した方の体験談です。
家賃を支払う為に消費者金融のアコムでキャッシング
家賃を支払う為に消費者金融を利用した方の体験談です。