税務署へ追徴金を支払う為にキャッシングしました

私は個人事業主としてWEBサイトを作る仕事をしています。

 

収入は良い月もあれば悪い月もあるといった感じでマチマチです。

 

そんな感じが3年続いていたんですが、ある日知らない番号から一本の電話がありました。

 

税務署からの電話でした。

 

申告内容の確認をするから一度私の自宅に来るとの話でした。

 

恥ずかしい話ですが、私は1年目の収入に対して確定申告をおこなっていませんでした。

 

当然の罰ですが、この一件によって追徴金を課せられる事になってしまったのです。

 

追徴金は約50万円・・・。貯金などは全くなかったので、何とかする為に消費者金融を利用する事にしました。

 

私が選んだ消費者金融は大手の「プロミスです」。

 

プロミスを利用しようと思った理由は、他社と比べて金利が低かったところです。

 

50万円借り入れする際の金利は年18%がほとんどでしたが、プロミスは17.8%。

 

借り入れ額が大きいと0.2%の違いでも支払う金利はけっこう変わるという情報をネットで見たことがあったので、少しでも低いプロミスに申込みました。

 

実際にプロミスを利用して良かった点は二つあります。

 

ひとつは、やはり金利が抑えられたことでした。

 

借り入れした50万円はおよそ2年半で完済しましたが、トータルで払った金利は約20万円。

 

これがもし18%だったら約21万円になっていたので、1万円ほど安くなり良かったです。

 

もう一つの良かった点は、即日融資ができたことです。

 

即日融資を申込む際は早い時間に行なわないといけません。

 

その理由は、審査は営業時間内に行うからです。

 

営業時間30分前に申込みをしてもその審査が行われるのは翌日になるため、私はインターネットから午前7時に申込みました。

 

審査結果の連絡が来たのは午後1時頃。

 

だから夕方にはもう融資を受けることができました。

 

その日のうちに税務署に支払う追徴金を一括で支払いました。

 

消費者金融でキャッシングできなかったら支払う事ができなかったので本当に感謝しています。

 

他社から借り入れなし、パート・アルバイトで年収30万円以上ある方におすすめなのは

「大手のカードローン」

▽▼▽▼

関連ページ

生活費の為に消費者金融のプロミスを利用しました
生活費の為に消費者金融を利用した方のキャッシング体験談です。
家賃を支払う為に消費者金融のアコムでキャッシング
家賃を支払う為に消費者金融を利用した方の体験談です。